複数の会社


FXのトレードは1つの会社でするのではなく、複数の会社を利用するのがオススメです。会社によって長所が変わってくるので、取引に応じて会社を使い分けるのが良いです。

例えば、外貨預金などスワップ目的の場合はスワップポイントが高い会社を選ぶべきです。また、短期トレードを頻繁におこなうのであれば、スプレッドが狭い業者でトレードするのが良いです。口座開設は無料でできるので、複数の業者を利用してトレードする方が効率は良いです。


moneuu

FXの魅力と外貨貯金との違い

FXは近年ではテレビのCMなどでも有名な金融商品です。その魅力は様々にありますが、円高不況の中でも利益を生み出せるということが挙げられると思います。FXは二つの異なる通貨をペアにして売買を行い、その為替差益を求めていく投資取引になりますので、通貨同士の差益と値動きがあれば利益を確保することができるのです。また、それぞれの通貨の金利の差を利用して利益を積み上げて行く方法もあり、これも比較的に状況に左右されにくい長期的な投資に向いています。
FXのこうした長期的な運用方法に似たものに、外貨預金がありますが、この二つを比較するとどこが違うのでしょうか。

まず、基本的に取り扱う業者が違います。FXは多くの場合は証券会社が取り扱いをしていて、外貨貯金は銀行が取り扱っています。また取り扱いの時間も、外貨貯金は銀行ですので、それぞれの窓口営業時間によりますが、FXは投資取引ですので、24時間いつでも取り扱うことができます。
また、似たような形態をしているのですが、取り引きの仕組みが大きく違っていますので、その辺りにも差異があります。外貨預金では買い取引を行って銀行に預金をし、外貨が上昇した時のみ利益を得ることができますが、FXは売り取引も買い取引も両方行えますので、外貨が上昇しても下降しても利益を得ることが可能になります。為替レートの変動にも違いがあり、外貨貯金は日ごとに定められた固定レートにて取り引きされますが、FXはリアルタイムの為替相場がそのまま取り引きのレートになり、その変動をパソコンやモバイル端末でいつでもどこでも確認することができる上に、そのまま取り引きをすることもできるのです。

ここまでは、おおよそ業務形態の違いや、取り扱いの違いであり、投資をするという目的に関して言えば、それほど大きな違いはありません。
しかし、実はこの両方には、利益を求めていくということを考えると、決して見逃すことのできない大きな違いがあり、それが、手数料の差になります。
通常、通貨を交換するには、手数料がかかります。米ドルと円を例えに取ると、外貨貯金の場合、円を米ドルに交換した際には1ドルあたり2円の手数料がかかりますが、FXでは業者にもよりますが、20銭ほどから場合によっては無料になる場合もあり、非常に低額なのです。一見して小さな差に見えますが、取引額が大きくなればその差は歴然で、また、1ドルを外貨貯金にしたりFXで投資取引することは、ほとんどの場合できず、数万から数十万、数百万といった単位でやり取りされるのが普通です。
仮に1万ドルを円にした場合、FXでの手数料は200円程度になりますが、外貨貯金では、なんと2万円にもなるのです。
手数料と言われれば聞こえはいいですが、これはれっきとしたマイナス、損失であって、利益を積み重ねていこうとする投資の考え方にとっては、足枷以外の何者でもありません。
これだけを単純に見ても、手数料が安いFXは外貨貯金に比べて、儲かりやすいと言えるでしょう。
FXの手数料がこれほどに安いのは、FX自体に人気があり、取引業者同士が顧客を取り合って競争をしているということが一因にあります。
先ほどにも触れたとおり、業者によっては手数料を高めに設定し、その分を他のサービスに回しているところもありますので、FXを始める際には下調べを入念に行い、場合によっては複数の業者に口座を作って運用してみながら、絞り込んでいくのもの良いのではないでしょうか。