複数の会社


FXのトレードは1つの会社でするのではなく、複数の会社を利用するのがオススメです。会社によって長所が変わってくるので、取引に応じて会社を使い分けるのが良いです。

例えば、外貨預金などスワップ目的の場合はスワップポイントが高い会社を選ぶべきです。また、短期トレードを頻繁におこなうのであれば、スプレッドが狭い業者でトレードするのが良いです。口座開設は無料でできるので、複数の業者を利用してトレードする方が効率は良いです。


moneuu

入金 出金 安心のスマートオプション



sfsfバイナリーオプション海外業者の「SmartOption(スマートオプション)」を ご存じですか?

取引プラットフォームとしてSpotOptionを提供している「SmartOption」ですが、この会社の特徴、取引を行う時の流れ、新規での口座開設方法などを分かりやすくまとめたものが、映像として公開されています。

インターネットを利用しての様々な方法が増え、便利になった入金手続きですが、「SmartOption」ではクレジットカードおよび銀行送金で可能となっています。今回お勧めしたいのはクレジットカードを用いる方法です。クレジットカード入金の魅力は何と言っても、手続きが早く(お持ちのカードの必要事項を入力すれば完了です)即座に取引が可能となることです。その上手数料もかかりませんし、買い物で利用した時と同様にカード会社からのポイントも付与されます。

これに対して銀行送金では、1回の手続きで2500円($30)の手数料がかかり、最低送金額も5万からとなっています。送金の手続きが済みましたら、メールにて送金手続きを行った際の用紙のコピーを送信し、「SmartOption」にて確認が取れ次第口座残高に反映され、取引が可能となります。

出金に関しても、クレジットカードと銀行送金では違いがあります。クレジットカードの場合には、入金した時の額を上限としてクレジットカードの口座へ返金され、上限を超えた分に関しては、お客様が指定した銀行口座へ振り込まれます。

 銀行送金の場合は、全額が銀行送金となり、その際には2500円の手数料が必要となります。払い戻し額にも制限があり、最低10000円($100)からとなっています。

以下に一例を挙げます。
(カードにて50000円の入金した口座で取引を行い、口座残高が80000円(30000円の利益)になった場合、カードの口座へは50000円が返金され、残りの30000円が銀行送金対象となります。このうち2500円が手数料として引かれ、27500円が送金される形となります。)

画面右上になる「マイアカウント」ボタンをクリックし、開いた画面内の「払い戻しリクエスト」を押す事で払い戻しリクエスト入力画面となります。入力画面内にて必要金額を入力し、「払い戻し」をクリックすれば完了となります。処理が申請された後、お客様にサポートからメールでの返信があります。

申請後の「SmartOption」からのメールには、【本人確認書類の提出】について説明分が書かれていますので、返信する際には、【本人確認書類】の添付を忘れないように注意してください。

【本人確認書類】として提出が必要なものには以下の2点があります。

1.顔写真付身分証明書1通(例:パスポート、運転免許証)

2.現住所が証明できるような書類(例:電気・ガス・水道等の公共料金領収書、携帯電話料金請求書で6ヶ月以内のもの)

出金手続きが完了するまでの日数は、クレジットカードの場合には最短で2営業日、銀行送金の場合には3営業日となります。この業者は、取引の流れがシンプルかつスムーズに行われるように設計されているので、FX初めてにも大変人気があります。また、ハイロー・オーストラリアという業者も、入金出金作業が迅速かつ安全に勧められることで定評があります。